カテゴリ:ワタシとヲットのこと( 10 )




「一人お楽しみ」への対処法!?

前回記事で、夫の「一人お楽しみ」についてのショックを書きなぐりましたが、ネットで検索してみたところ同じような悩みを抱えるひとが結構いっぱいいらっしゃるようです。うーん、女の悩みって尽きないわね。そして男性って同じことやっちゃうわけね。。

そこに対処法として書いてあったんですが、「夫に関心を示さないようにする」というのが一番みたい。
確かに「結婚した=自分のもの」って感覚が男性は強くなりそう。特にうちの夫は所有欲が強いタイプなので、結婚したことによってその欲が満たされる→男性としてのハンター欲がなくなる→妻を餌(愛情表現等)を使ってまで引き寄せる必要がなくなる→ご無沙汰…、って感じになっている気がします。うん、そんな感じだわ。
ただし、男性は妻を以前のように性的対象としてあまりみなくなるけど、でも決して愛情がないわけではないらしい(熟年夫婦で離婚したがらないのは男性の方だしね)。
そして一人お楽しみは夫婦生活とは別物(手軽に性欲を満たす手段)らしい。
そしてそして男性は一人の女性とのそういった行為にやっぱ飽きちゃってくるから、相手いてこその行為そのものに至る過程も面倒になる、よって手軽に自分だけで楽しめる「一人お楽しみ行為」に走りがちになるらしい。。。要は「あ き て る」ってことー?!ガックシ。
でも結婚ってその辺も義務だろうがよー!と思っちゃう。結婚式でその辺も誓わせたいもんだわチクショー。

まとめますと、わたしの有り余る愛情表現が夫にあぐらをかかせている原因(!!)ということになるわけです。

女性は安定の中に刺激を求める生き物だと思うけど、男性は安定の中には刺激を求めない。
そこが男女の違いですね、きっと。

結婚生活に刺激をいれたいなら、それこそツンデレ要素が必要らしい。
夫に「うかうかしてたら捨てられるかも」と思わせることがツボみたい。

実際に同じ環境にあって、夫の愛情を感じられなくなった女性が夫への無関心を装った(自分からは積極的に接することはしない、自分から夫婦生活のお誘いをしない等)ところ、旦那さんがあわてて寄ってくるようになったらしく。
ただ、そうなるまでは自分が寄って行きたい気持ちだとか、寂しく感じる思いだとか耐えるのは結構大変らしい。

ここで男性に注意です。
女性は最初は興味のないふりを装っているかもしれないけど、そのうち装ってることが本当の気持ちになってきてしまうかもですから。本当に無関心になられてから必死に奥さんの気を引こうとしても手遅れですよ。女性の意思って男性が思っている以上に堅いんだからね。


ということで最近さっそく実践しております。
まずはソファでテレビを見てる時、自分からはスキンシップしていかない。
帰ってきても玄関まで迎えに行かない(お帰り~とは言うけどね)。
お風呂をのぞきに行ったりしない(変態か、って感じですが)。
布団に入ってから「かまって」とか言わない。さっさと本を読み始める。
自らかわいい下着を身につけない(生まれて初めて肌色の下着を買ってみた。もうかわいい下着をつけてまで気を引きたいと思わないんだからね!、という強い意志を主張(違うか?))


寂しがりのくっつきたがりなので、結構我慢が必要ですが、これも未来の自分のため、、と思い頑張り中です。
自分からくっつかなかったら、さっそく夫からスキンシップしてきました。ちょっと嬉しい。
でも喜んだ顔はしないのだ!


そんなこんなしてるうちに、今日生理になりました。
久々に今周期は通院です。また薬漬けの毎日…。
ちょっとだけ痩せたので、太らないように気をつけます。
あ、もちろん夫のためじゃなくわたしのためにね!
[PR]



by takakun0109 | 2010-06-25 11:59 | ワタシとヲットのこと

夫の性的行為

次の生理開始までもうすぐ、間もなくリセット期間も終わりです。
不妊治療を始めて一番嫌だといっても過言ではないのが、「太った」こと!
ピルなどのホルモン系の薬の作用もあると思うけど、何気に感じているプレッシャーだとかがストレスになっている気もする。たまに甘いものどか食いしちゃったりするし。

そしてこれがまた夫婦(というかわたし?)に悪い連鎖を起こすのです。

太る → 自分に自信がなくなる → 夫の愛情を疑う → 些細なことも気になる…


わたしと夫は学生時代からの恋人で、8年の交際期間を経ての結婚でした。
結婚してから4年くらい経つので、もろもろで10年以上はパートナーってわけです。

ここで問題がひとつ。
相手に「飽きる」ということ。

わたしの長所だと思うんですが、わたしは一度好きになると、かなりずっと好き。
そしてそれは付き合った当初から変わりのない、色あせない想いなのです。
どこが好きかと聞かれると最初からここが好き!って思って付き合っていたわけではないので、言えないのですが、あと喧嘩したり嫌なことを言われたりしたらやっぱりその瞬間は嫌いにもなるけど(離婚も考える笑)、でもやっぱりわたしは好きだからな、と思って戻る、と言った感じ。

でもわたしみたいな人ってどちらかといえば少数派で、大抵の人は付き合いの途中から愛着だとか好意はあるけど、当初ほどの気持ではないよね、となるんではないかと。
もれなく夫もそうだと思うんです。

だからか、夫婦生活も結婚してから淡白なもので、結婚初夜にホテルの部屋で「うー子の体がついてこれないくらいやっちゃうかもよ!」なんてちょっと刺激的かつうれしい言葉を吐いておきながら、実際は夫の両親の問題であったり不妊であったりがあって、蓋をあけるとこの現状、といったわけです。

夫から夫婦生活を求めてくることはあまりなく、わたしが勇気をもって誘わないといけない。
夫の敏感なところをさりげなく触ってその気だよ、と一生懸命伝えても意に介されないこともしばしば。じゃあ次の日ね、と言ってくれたから、次の日誘われるのを楽しみにしていても、窓を開けっ放しで寝てしまう。(夫は窓があいている状態では絶対にいちゃついてもこない。窓が開いたまま=今夜はナシ、ということだとすぐにわかる)

夫はわたしのことが好きだと言ってくれるけど、その好きって結局家族愛なだけじゃない??
わたしは夫婦として男と女としてもありたいのにな、と思うと蓄積される不満。

それでも言ってはいけない、言ってはいけない、と自分を抑え、自分が我慢して恥を捨てて、夫を誘えばいいのだ、と言い聞かせてきた。たとえ相手にしてもらえなくても。

でもね、昨日、見つけてしまった。

それはわたしがお風呂に入った一瞬のこと。
30分もなかったと思います。

お風呂からあがってきたら、ノートPC前にいつもどおり座ってネットをしている夫。でもわたしがお風呂から出てきたのであわててシャットダウンしたような雰囲気。テレビはついているけど消音になっていた。
その後ソファで一緒にテレビを見ながら、夫の下半身に何気なく頭をもたれかからせた、その時、夫があわててとびのいた。匂いを嗅がれると思ったらしい。足なんて組んで必死にガードしている様子。

ここまできたら大体の人は「はーん…」と思うと思う。
夫はわたしがいないちょっとの隙を縫って、一人で楽しんでいたわけです。
よっぽどあわてていたのか、ごみ箱にもちゃんと証拠品を残して。

こんなの誰にでもあることだとわかっています。
男性の生理現象だということも理解できなくてもわかってはいる。
でも、わたしが誘って、お預け状態で、そういう行為が法律上も堂々と認められている相手が一日そばにいても、夫はほかの女をみてそういう行為に及んでいたわけです、わたしがいない隙を狙って。

このショックをどう言い表したらいいのか。

わたしたちは性行為を通じて子供ができない、ということは医学的にわかっている。
だから、こどもを作るためという理由は通じない。
純粋にお互いを求めてということでしか、行為は成り立たない。

でも夫はわたしを求めていないんだわ、と思うと、悔しくて、悲しくて、付き合っていたあの頃は普通に求められていた、わたしから行く必要がなかった、こんな必死に下着に気を使ったり、髪形を変えてみたり、化粧して待っていたりする必要もなかった、夫の敏感な部分を触って誘う必要もなかった、夫はわたしに「おいでよ」と声をかけて、一生懸命尽くしてくれていた、そんな自分があったからこそ、今の自分のあり様が無様で格好悪くて、泣くしかなかった。

夫が男性として年齢的に衰えているというのなら(そんな年ではない)、自分だけでしている必要はなんなんだろう。。

わたしはわたしのいる意味がわからない…。
飯炊き女か、はたまた子供出産マシーンか。

そう思いながらも、痩せて夫の気持ちが引きつけられたらな、なんてどこかで思っている自分が浅ましくて厭になるよ。
[PR]



by takakun0109 | 2010-06-21 09:51 | ワタシとヲットのこと

治療再開とお休み期間

ひさしぶりの日記になります。
実は2010年になって早々に治療再開していました。

結果、
①凍結してあった4分割卵を戻す → 着床せず
②採卵(10個とれたが、5個しか使い物にならず) → すべて胚盤胞に至らず
③お休み周期(マーベロン12服用で卵巣を休ませる)
④採卵(3個とれたが、1個しか使えず) → 未成熟のため培養するも育たず
⑤採卵周期(現在)

治療再開からなかなか採卵がうまくいかないようです。
この間D3だったので先生に「なんでうまくいかなくなったんでしょうか」と聞いてみると、即答で「わかんない」と言われました(苦笑)先生にわからんものがわたしにわかるわけもなく。
ただ、先生がそのときにカルテをパラパラとみて、「注射の種類が変わってるね。前はうまくいってたのでそのときのに戻しましょう」って。要は誘発の種類があわなかったってことかしら??
にしても前はちゃんととれたんだから、同じ方法でやってくれりゃよかったのに、とちょっと思う。

夫の病状はかなりよくなっていて、心療内科にも月に1回通っていますが、薬の量も減ってきました。あと、前は電車とか乗れなくなってたり外にご飯を食べに行くのもままならなかったのですが、それも平気でできるようになり、都心まで友人に会いに行ったり精力的に活動できるようになってほっとしています。

お休み期間、正直いろいろありました。
今休んでることが果たしていいのか、でも夫の病状もよくない、そもそもわたしたち二人は一緒にいるべきなのか、など。離婚の2文字を考えなかった日はないといっても過言じゃない。
わたしが悩んでいたときに一緒に考えてくれなかった夫が自分が病気になったらそっちをまず優先させろとわたしに強要してきたとき、そしてわたしは夫の主張に従ったけどなかなかよくならずもんもんとしたとき、わたしの思ってることも聞いてほしくて訴えても病気を理由に話をきいてもくれなかったとき。
両親、家族はみんな離婚したほうがいい、と口をそろえて言いました。
夫の両親はわたしたちのことを知りません。でも夫の両親は破産しているため、経済的にわたしたちを頼ってきます。夫の母はとくに誰かに依存しないと生きていけない人で、いつでもわたしたちを頼れるようにわざわざ遠くから近県に引っ越してきたくらいです。わたしとわたしの夫は夫の両親に送金しながら不妊治療をしている。夫の両親からは頼られることはあっても、こっちが頼ることはできない関係で。
そんな夫や夫の両親の未来をなぜあなたが受け止めなきゃいけないの、そもそも夫と一緒じゃなければこどももできるし金の無心しかしないような両親とは離れられる、あなたはあなたの幸せを考えなさい、引き返す勇気もときには必要なんだ、と何度も言われた。

でも、わたしはそんな夫との未来を選びました。

離婚する勇気がなかっただけかもしれない。でも今、それでよかったと思っています。

流産後のお休み期間は夫だけではなくわたしにも必要な時間だった、と今はわかります。
あの頃、姉が二人子供を産み、友人たちから二人目出産の知らせが届き、わたしよりあとに結婚した友人が妊娠し。こどもがすべてではないと思いながらも、こどもに恵まれない自分に焦っていました。今思えば、こどもがほしいというよりはこどもができる事実がほしかったのかもしれない。
そして、不妊の原因がわかってからぎくしゃくしていた夫との関係に早く終止符を打ちたかった。原因になっているこどもさえできれば解消できると思っていました。
こどもができない事実は、予想以上にわたしたち夫婦を苦しめました。
治療に前向きになれない夫、それを前向きにさせようと説得する日々、それによって通常の夫婦の営みすら夫にはストレスになり、夫のそういう感情を感じ取ったわたしのストレスや不安は増長、ぶつかり合う日々が増え、夫が心を病んでしまった。
お互いがお互いを思いやれる余裕がなかった。
自分の主張を通したくて躍起になって、結局、夫婦であることに疲れてしまっていました。

わたしはお休み期間、自分と夫の関係を見直すことだけに力を注ぎました。
愛情はあります。あるからこそぶつかるし、夫に振り向いてもらえないことに不安を感じる。
でもそれをぶつけるだけが愛情ではないんだ、と自分に言い聞かせ、夫の病気の治癒に出来る限り協力しました。不満をぶつける機会をなくし、とりとめもない毎日の話やテレビの話を寝る前に笑いながら話すようにしました。

夫婦というのは鏡です。
わたしが怒っていれば夫も機嫌が悪くなる。けれど、逆にわたしがゆとりをもって笑顔で接すれば夫も自然とそうなる。わたしが夫に思いやりをもつことで、夫からの愛情も感じるようになりました。

そういう期間を設けることで、わたしは改めて夫と結婚してよかったんだ、と思うことができた。
結婚したら当たり前に子供ができると思っていたけど、できなくても夫婦は夫婦。こどもがいないと成り立たないような関係を望んだわけじゃないし、そんなところに来てしまったこどももかわいそうだ。愛の結晶の形は、こどもに限らないんだって。

そんな基本の「き」を深く感じた時期。

今まだこどもができるような結果には結びついていないけど、わたしはもう大丈夫だな、と思っています。
こどもはもちろんほしいです。
でも、できなくても夫と一緒にいれる幸せを感じて生きていけるような気がします。

流産はつらい出来事だったけど、わたしたちには必要な出来事だったんじゃないかと思う。
そういう意味でも生まれてくることはなかったけど、わたしのおなかに来てくれたこどもに「ありがとう」と伝えたいです。

よし、がんばるぞ。
[PR]



by takakun0109 | 2010-04-27 10:24 | ワタシとヲットのこと

近況

お久しぶりです。
流産してからまだ治療ははじめられておらず、今はリフレッシュ期間となってます。

流産したとき地元から駆け付けてくれた友人にもらった本を読んで、もしかしたらこの流産は今の私たちに必要な出来事だったかもしれないな、とも思うようになりました。
本当はこういう悲しい経験はしないで済むにこしたことはないんですけどね~^^;

そのとき友人にもらったのは「ママ、さよなら。ありがとう 」と「ザ・シークレット(秘密)」という本。

「ママ、さよなら。ありがとう」は結構有名ですよね?
私は今回初めて知ったんですが、流産した人の体験談とか、胎話士さん(胎児と話す能力のある人)の話が記載されています。
流産は悲しいことだけど、それも実は胎内の赤ちゃんが選んだ道なんだよ、という話です。
子供は親を選べないっていうけれど、本当は選んでやってきているし、生まれてくることも、生まれてこないで戻っていくことも実は子供が自ら選んでいるんだよ、etc.
私は残念ながら胎内記憶とかないので真偽のほどはなんとも言えませんが、今年3歳になる娘がいる友人の話だと、その娘ちゃんに「なんでママのとこにきてくれたの?」と聞いたところ、「まぁいっかー、と思って」と言われたそうで(笑)

今回の妊娠が残念な結果に終わってから夫と話合う機会が何度かありました。
夫はもともと心配性な性格なのですが、今回の流産でその心配性がちょっと病的に度を越したものになってきていました。
それは私の妊娠以外のこと(夫の両親の経済状況や、夫自身に不妊の原因があったこと、顕微授精自体の安全性など)ももちろん関係しているのですが、私の胎内にいる子供が、何らかの原因で取り違えられて受精しているんじゃないか、顕微授精で障害児が生まれるんじゃないか、そもそも自分の精子は人よりも少ないところから選ばれてるわけだから、精子に異常がないともいえない、、などなど。
妊娠中、毎日のように羊水検査の話をされ、私は不快でしょうがなかったです・・・苦笑
でも、心配性の夫にとっては実は大変なストレスだったようです。
それに加え、新型インフルエンザ騒動も重なり、夫のストレスはピークに。そのせいか、夫は胃炎を発症。
その後私は流産しました。

今は薬を服用して少し落ち着いているようだけど、この一連の出来事は私にとっても将来への不安を投げかけるものでした。

だからきっと、赤ちゃんもまだ時期ではないな、と判断したのかも、と本を読んで思ったわけです。

次の治療は流産後2度目の生理のD15から開始です。
凍結してある受精卵(胚盤胞ではないですが)を移植することから始まります。
2日前に流産後初めての生理がやってきました。
心も体も徐々に回復しているよう。

次の移植の結果がだめだったら、しばらく治療はお休みします。
夫が薬の服用の副作用(医者の話だとそれは大丈夫と言われてるけど)を気にするので、しばらく状態をみることになります。

私は自分ができるだけ若いうちにチャレンジしておきたい、という気持ちが強くて、そんな夫とぶつかることも多かったんですが、親になるのは私だけじゃないし、夫にも準備が必要なのだ、と今はそう考えるようになりました。

あとしばらく休養期間ですが、赤ちゃんがやってこれるように、体も気持ちの上でも準備しておかないと、と思ってます。
いろいろと励ましのお言葉ありがとうございました^^

ではまた治療開始のときに!(たぶん)
[PR]



by takakun0109 | 2009-07-17 14:25 | ワタシとヲットのこと

採卵を控えて

採卵日がいつになるかって重要ですよね。
うちも例に漏れず夫の大事な仕事が重なっているときでどうしようかすごい悩みました。
といっても悩んだのは夫だけ。アハ。
私の心は早ければ早いほどいい、ってもう決まってたから、もし採卵とか移植とか色々な日程が大事な用事に重なってしまったらどちらを優先させるかなんて選択するまでもないことだったんです。
夫の場合、そうもいかないらしく、職場の人に迷惑をかけてしまう、と言うことが気がかりだったよう。
確かに迷惑をかけずにすめばそれほどいいことはないってくらいなんだけど、実際はそうもうまくいかないわけで。
なんだかんだ二人で悩んだ挙句、夫が昨日会社にうまいこと言ってくれました。
これでもしその日程に採卵・採精が重なったとしてもどうにかなりそうです。懸案事項が一つ減るとまた一歩前進できたような気がしてちょっと嬉しい。

私は不妊治療でこう思いました。
不妊治療はもちろん夫婦の子供が欲しいからやるわけだけど、仮に最終的に子供を授かることができなかったとして、別れる、別れないの決め手になるのは結果ではなくその過程にあるのではないかな、ってことです。
子供が授かっても、治療中に夫婦間がうまくいかなくなったりしたら、一粒種を授かった意味もありがたみも半減してしまう。
二人が欲しいと思って、二人が協力して同じ目標をもって頑張れた夫婦なら、子供ができなくても本当に強い絆で結ばれるんだろうな、と。
きれいごとかもしれません。でも女性の多くはその過程こそが大事なんじゃないかって思うんですよね。

今回、うだうだ言ってる夫を見て、うーん、って思わなくもなかったけど、でもすごいがんばってスケジュールを調整してくれて、調整できたことを速攻でメールしてくれたこと、なんだかすごい嬉しかった。
夫も私と同じように取り組んでくれているなぁ、と感じた瞬間です。ありがとう。頑張ろうね。


にほんブログ村 マタニティーブログ 男性不妊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村
[PR]



by takakun0109 | 2009-02-24 12:38 | ワタシとヲットのこと

ファイト、わたし!

またまた喧嘩をしました。
今日は一応仲直りした(ハズ)。
私が他の人に夫のここがいいところ、と自信を持っていえるとしたら「後に持ち越さない」「すぐ忘れる」ところでしょう。私は蛇のようにずーーーっと覚えているタイプ。。シツコイ~

先日UPした記事を読んでいただいた方にはお分かりだと思いますが、T君のうだうだ言ってるのが結局帰ってからも続き、心底うっとおしかった、というのが理由のひとつ。
あと、これは私も悪いのだけど、T君の携帯を盗み見して、旅行の計画を立てていたことが頭にきていたからというのもある。

T君は私によく「うー子の考えてることが俺にわかるわけないでしょ。俺はエスパーじゃないんだから!」と怒るんだけど、それはこっちにしても同じこと。私は思ったこと、悩んでること、楽しかったこと何でもT君と共有したいタイプだからなんでも話すんだけど、T君はあんまり話さないし、考えてることも確定しないと言わない。合理的なタイプなんだか知らないけど、話をしててもその過程を楽しむことはなく、結論のみを求めるタイプなのです。
だからか知らないけど、割とナイショ事が多くて、私はそれが寂しくてついつい携帯をチェック(言い訳)。
そこで初めて知ることとかも結構多くてね・・・。そして見ちゃったこともつい言っちゃうんだけどね・・・。

T君は私の手前、「旅行とか行けないよね。お金もかかるし。でも年末に韓国行ったから(今年は)もういいよね!」なんていってたけど、実際は友達と旅行の計画たてとるんかーい!ってね。
そんでもって採卵の日に行けるかなぁ、行けないかも~みたいなことをずーーーーっと言っている。オイオイ。
電話で聞くなり、その日に行けないなら事前に行くなり相談できるのに、自分は動かず私がそれを解決してくれるのを暗に待っている模様。

そういう態度を見ていて誰が「夫は真剣に取り組んでくれているわ☆」って思うだろうか(反語)

挙句の果てに「じゃあオマエは何をしたっていうの?」とか言い出す始末。
私はできることはもうやってしまっているんですがぁ?私が検査してくれって頼み込んだんですがぁ?2年越しでようやく行ってくれたんですがぁぁぁ??
そしたら「検査したじゃん。それ以上何を求めるの」ですって。。


そんな彼と接しているとやっぱりあの考えが頭をもたげてくるのです。
「本当にこの夫の子がほしいの??」って。ウツウツウツウツしています。

でも生理3日目はもう明日なのよ。
行くなら行くってはっきりさせなきゃね!
てか行きたいから頑張ってたのよね、私!
ファイト、わたし!


にほんブログ村 マタニティーブログ 男性不妊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村
[PR]



by takakun0109 | 2009-02-20 10:47 | ワタシとヲットのこと

ついに始動か?!

本日、ついに生理がやってきました。
こんなに生理が待ち遠しかったのって初めてかもしれない。
だって今までだったら生理が来ない=妊娠?!ってドキドキワクワクしていたからね。
今はもう自然妊娠は100%ない、ってわかっているだけに生理が来ない=生理周期の乱れ・・・っていう悲しい現実しか待っていません。。切ないけどこれが現実。

職場にもご迷惑かけます、って一応さらっと報告してあるんですが、今日生理が来たので、生理3日目は土曜日、ということでご迷惑をかけずにすみそうです。ほっと一安心。でも今すごいヒマだから平日に通院でも全然迷惑じゃなかったと思うけれどもね。

最近あまり仲良くない夫T君にも一応メールでご連絡。(出社後に生理になったので)
土曜に一緒に病院に行ってきます。
でも採卵&採精のときはきっと平日。T君は仕事でもしかしたら不都合があるかも、、、とそのあとずーっとメールが来て、正直ウザっと思ってしまった。仕事は確かに大事。生活の糧だしね。
でも一緒にがんばるよ、どうにかできるようにするよ、って言ってほしいものです。男ならね。
大丈夫かな、どうしよう、、って言われても、もうはじまるって言ってるんだよーーー!って思っちゃって。はぁ。
なんだか最近割り切れない気持ちが大きくって嫌になります。
わたしは本当にこの夫の子供がほしいのだろうか。。いや、ほしいから頑張ろうって思ったんだった!なーんて自問自答の日々。
女性なら一周期たりとも無駄にしたくないって気持ち、きっとわかってくれますよね。
卵がちゃんと育って出てくるのってほんと30日に1回しかないんだから。
仕事も大事だけどこっちも大事なんだよーーーー!と大声で叫びたい。

世の中のできた夫婦が羨ましいです。。
でも私が選んだ人なんだから、そして私を選んだ人なんだから、隣の芝ばっか見てないでちゃんと自分たちで向き合わねばね。


にほんブログ村 マタニティーブログ 男性不妊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村
[PR]



by takakun0109 | 2009-02-19 11:49 | ワタシとヲットのこと

言ってしまった!

私とT君(夫)は普段はとっても仲良しです。
趣味も特になく、好きな本のジャンルも違うし、何より出不精だけど、それでもおしゃべりとかして楽しく暮らしている。

結婚前は4~5年くらい遠距離になっていたので、1ヶ月に一度会うとき、T君もとっても優しく、私もとってもかわいらしく振舞えて(笑)、しかも久々に会うので色々と燃える感じ(下ネタ)でありました。
ただ、結婚してからは毎日顔を突き合わせているというのもあってか、T君は前のように燃えることも私を大事だよ、と振舞うこともなくなり、無精子症が発覚してからというもの、夜の生活はあるにはあるけど、なんだか寂しい感じ・・・。

みなさんはどうなんでしょうかね?(聞くのもどうかと思うけど)

付き合ってから10年。いまだにT君との仲良しを大事に大事に思っている私はおかしいのか。
子供を作る行為としてももちろん大事だけど、女性として求められていたいと思う私は子供なのかな。

この間T君に仲良しを断られたとき(たしか眠いとかそういう理由だった)、そんな関係が寂しくて悲しくて、思わず「じゃあもういいよ、やっても仕方ないし!」って言ってしまったよ。あぁぁぁ~
すぐ謝ったけど、小声で「そうだね・・・やっても仕方ないもんね・・・」と言われ。反省してもしきれない。

どうしてこう不器用なんだかなぁ。。


にほんブログ村 マタニティーブログ 男性不妊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村
[PR]



by takakun0109 | 2009-02-17 12:37 | ワタシとヲットのこと

歯車が噛みあわない

最近、イライライライラしている私ことうー子。
生理前ってのもあるんでしょうけど、それは夫との歯車の噛みあわなさからきている気もする…。

不妊、赤ちゃん待ちブログって前向きに頑張ります!って感じのほうが読んでいるみなさんにとっても励みになるのだろうなとは思うのだけど、私は自分のどろどろとした部分も書いてしまうと思うので不快にさせてしまうかもしれません(==;
以下、前向きブログを読みたい方はご遠慮くださいませm(_ _)m


-------------
夫のT君は元々頑固者でプライドも山のように高い人。そのくせ先を考えない楽天家でもある。
私もプライドはありますが、T君とはプライドを持つ場所が違うようで、理解に苦しむこともしばしば。
性格も違えばタイプも違う、そんな私たちが夫婦として続いているのは、やっぱりそんなT君でも好きだな、と思えるところがあるからで、そしてT君も私のことを好きだと思ってくれているからに他ならない。とはわかっていますが、が、が!

でも所詮他人だからわからないことだらけで、そこには私、何の不満もないんです。
ただ、わからないことをわからないままにしておくことができない、白黒付けたいタイプであることは間違いない。

最近イライラするのは、常にグレーゾーンを保とうとする夫T君ばかり見ているから。
私との関係にグレーゾーンばかり持ち込んでくる彼を見ているから。
私とのこの先のことをしっかり考えてるのか考えてないのかはっきりさせない彼を見ているから。


正直に言います。


 友達との旅行の計画立ててる場合なの?

 毎週飲み会行ってる場合なの?

 ネットのプロバイダー調べる前にもっと調べてみることあるんじゃないの?

 旅行って、通院の計画はどうなるの?

 職場の人と調整しなきゃいけないの誰だとおもってるの?

 親にカミングアウトするのは私だけなの?


 ・・・誰のせいでこうなってると思ってるの?



絶対に言ってはいけない言葉かもしれないけど、思わずにいられない。
二人で頑張るって決めたのにヒドイって言われるかもしれない。

でも二人で頑張りたい私の気持ち、すごいから回ってる。
夫は自分の予定ばかり立てていて。
私がそこに入る余地はないのかな。
じゃあなんで結婚したの?
じゃあなんで一緒に子供作ろうって思ったの?


お休みの日、一緒にいても心はバラバラな気がしてしまって、イライライライラして夫に冷たくしてしまった。夫は一緒にいてテレビを見てるだけでいいじゃないか、何が不満なの?うー子はほんとワガママだ、と言うけれど。

歯車がかみ合っていないんです。
はじまったばかりなのに。まだはじまってもいないのに。

本当は私は夫をどこかで恨んでいるのかもしれないな。。
ずっと私任せにしてきて、不妊の原因も私のせいくらいの態度だったけど、結局自分に原因があったこと、いまだにはっきり口には出さない。
プライドも大事、彼が傷ついてるのもわかる、だから気を遣って遣って、言葉を選んで。
二人だから乗り越えられるよって励まして。
けど自分のプライドばっかり大事にしてたら何にもできんのじゃー!
まずは現実を見て受け止めるしかないんじゃー!
繊細さばっかり前面に押し出しといて自分は友達と飲み会&旅行かい!


ってこの間立ち直るって言ってたのにできてないなー。ガックシですよ・・・。
ほんと治療受けるのも考えてしまう。前に進めないわ・・・。



にほんブログ村 マタニティーブログ 男性不妊へ

にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村
[PR]



by takakun0109 | 2009-02-16 11:44 | ワタシとヲットのこと

回顧録


  • 2006年
    交際期間8年を経て結婚

  • 2007.1
    子作りのことを考えて婦人科受診。
    「子供はできにくいかも」と言われるが理由は不明。
    当帰芍薬散?のような漢方薬を処方される。
    基礎体温を付け始める。
    タイミング法を指示されるも、次回はいつごろ来院すべきか指示されず、また通院のたびに「子供ほしいの?」と聞かれ「欲しいからきとるんじゃ!」と思い担当医に不信感を抱く。結局、市販の排卵チェッカーを買ってタイミングを取るよう言われ、これでタイミング法なの??とギモンを抱きつつ疎遠に。

  • 2008.4
    かねてから共働きにこだわっていた夫と大喧嘩の末結婚後初めて派遣社員としてフルタイムで働くことに。

  • 2008.5
    働きながら別の病院で卵管造影検査やホルモン検査、感染症検査など受ける。
    20代前半に受けた外科手術のせいか、卵巣と子宮が癒着してるかも?!との診断。でも卵管は通っており、癒着もはっきりせず。

  • 2008.6
    卵管造影検査後のゴールデン期に挑むも撃沈。
    なぜか検査後から生理周期が乱れ始める。
    夫に精液検査を頼むも快諾は得られず。。

  • 2009.1
    結婚丸2年以上。ようやく重い腰をあげた夫を連れて不妊専門病院「加藤レディスクリニック」へ。
    そこで夫の無精子症が発覚。

  • 2009.2
    現在。(ブログ開始)
    いきなりの顕微授精を控え、生理待ちついでに気持ちも整理中。




にほんブログ村 マタニティーブログ 男性不妊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村
[PR]



by takakun0109 | 2009-02-09 00:00 | ワタシとヲットのこと
ワタシとヲットの不妊治療日記です。
by takakun0109
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧