ET12日目 判定日

本日、判定日でした。
結果、「陰性」でした…。

チェックワンファストとクリアブルーを駆使し、陰性濃厚だとわかっていつつも、心のどこかでは大どんでん返しを期待していました。それだけに先生に呼ばれるまでは本当に心臓が口から飛び出しそうなくらい緊張していました。呼ばれて入った部屋には見たことのない若い先生がいましたが、その先生の厳しい表情ですぐに陰性を悟りました。
HCGは0.1。先生には「このまま引き続き続けますか?それともインターバルをとりますか?」と聞かれました。採卵時に別の先生から今周期は注射で誘発しているから、次は1カ月開けたほうがいい、と言われていたので、その旨を伝えると、その若先生も「そうですね、それがいいと思います」と言っていました。なので、次は2回目の生理3日目から仕切り直しです。また採卵からのスタート。

なんだか燃え尽き症候群??ってくらいぼけーっと帰ってきました。
帰るときに駅が余りに蒸し暑かったので、大好きなアイスでも食べてから帰ろうと思い、アイスを食べていたら涙がこぼれてきた。あー、うまくいかんなぁ。なんでだろう。
夫にもだめだった、とメールしました。夫は今周期はうまくいく気がする、と言っていただけに(そもそもなんの根拠もないんですが笑)きっと落ち込んでいるだろうけど、メールだけみていたらそれもわからない感じです。なんだか泣きそうだよ、と送ったら、「大丈夫、一緒にがんばろう」とメール。素直にうれしいけど、悲しい。がんばってるのに結果が出ないってこんなにつらいのか。

残念ながら、不妊は勉強のように、努力したらした分結果が出るものではありません。
現実は、努力しても、うまくいかないことのほうが多いです。
自分の努力なくしてはできないことだけど、自分たちの努力が実るって保証がない、それが不妊治療だと思います。
KLCに来た時、体外、しかも顕微授精したらすぐに妊娠できると思っていました。妊娠は少しの努力と勇気とお金があればできると思っていました。
でもそうじゃないんですよね。それがこの1年でわかってしまったことが悲しい。

心配している母親にも今回の移植がうまくいかなかったことをメールで報告。
近々実家に帰省するので、あまり心配させたくなくてできるだけ明るく、さらっと報告しました。
母から返信がありました。「早めに帰ってきて一緒に近江八幡までお参りに行こう!」。
電車の中だったけど、涙が出てきて、こらえるのに必死。

そんなこんなで、いい報告はできませんでしたが、リセット期間に突入です。
とりあえずホルモン剤で太った体もリセットしたいなー。
[PR]



by takakun0109 | 2010-05-20 13:51 | 不妊のこと
ワタシとヲットの不妊治療日記です。
by takakun0109
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧